アーバンデータチャレンジ三重

【過去ログ】
データで見る三重県(2018年10月20日)

UDC三重では、2018年度第二回目のイベントとして「データで見る三重県」を開催しました。
会場は、松阪市市民活動センター カリヨンプラザで行いました。
駅から徒歩5~6分程度で好立地。
駐車場もあり、イベント中の駐車代金は無料ということで、参加者には優しい会場となりました。
 
参加人数は16名で、準備が遅れていた割には初参加の方もいらっしゃって、新しい出会いに恵まれました。
 
RESASなどの紹介やE2D3を用いたデータビジュアライズなどの紹介を行ってもらいました。
5374.jpを実際に触ってみた感想なども、面白かったです。
ワークショップでは、RESASや国土数値情報などのオープンデータを用いたビジュアライズを行いながら、ディスカッションを行って頂きました。
少子高齢化の課題が非常に大きな課題であることや、沿岸部における人口減少が激しいことが分かってきました。
E2D3やQGISを使ったビジュアライズも、それなりに見えたのではないでしょか?